パチンコ店で使えそうなPOPや素材を作っています。新機種情報やPVもあり。自店POP作成者応援サイト。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、フォトショップとイラストレーターの
交換性にとても疑問を感じる日々でございます。

フォトショップ、イラストレーターといえば、
Adobe社の代表的なソフトなんですが、
パチンコ店用に配布されているキャラクターの画像ファイルは
PSDもしくは、JPEGなんですよ・・・。
PSDファイルは、フォトショップ用のファイル形式なのですが、
このPSDファイルをフォトショップで開いてフォトショップで
編集するにはとっても便利なファイル形式なのです。
もちろん、画像も背景の透過(透明な状態)してあるし、
ただ自分の好きな用に好きな画像に配置して効果をかけたり
するだけなのですが、
印刷業者に回すときには、イラストレーターでトンボを
付けて出さないといけません。
結局は、最後にイラストレーターで処理をする訳です。

デザインする側としては、店舗から直しが入ってもすぐに
対処できるイラストレーターで文章や文字の構成を作るのが多いと思うのですが
画像をイラストレーターに載せる場合、画像のPSDファイルをフォトショップで
一度パスを抜いてEPSというイラストレーター形式で作り直す手間が
あるのです。
最近のイラストレーターCS~?はPSDファイルをそのままイラストレーターで開いて使えるそうですが、
印刷業者が、CS以上のバージョンに対応していればその方法でも問題は無いかもしれませんが、
私のところの担当の業者は、バージョン8でしか対応していませんので
パスを抜かないと画像を配置できないのです・・・(;´Д`A ```

これがまた・・・・なれない私にはとても大変なものなのです。
patapas.jpg

このパスを取る作業が一番時間がかかるし、肩もこります。
複雑な画像(人物などの写真など)になればなるほど大変です。
パスを取る時にどうしても画像のまわりに白い縁が残ると気になって何度もやり直します。

イラストレーターもフォトショップのように、選択ツールで
一発で透過とかできて印刷でも上手く表示されて
バージョンが違っても上手いこと回避できるような
ツールが出ればこんなに苦労しなくてもいいのに・・・
てか印刷の業者もすべてCS以上のバージョンにすればいいのに・・・

同じメーカーのソフト同士でもこんなに手間がかかる作業がいるのが
とても不思議で仕方ありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。